上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

サブカル l テレビ番組 l  英国生活 l このエントリーを含むはてなブックマーク

昨夜、チャンネル5で、The Cannibal That Walked Freeというドキュメンタリーがあった。1981年の'パリ人肉事件'の佐川一政氏について、佐川氏本人の他、事件に関わってた人とか研究者のインタビューが中心やって、デーブ・スペクター(David Mark "Dave" Spector)氏も出てはりました。真面目に喋ってはって、変な感じやったわ。

フランス留学中にオランダ人女性を銃殺して、その肉を食べて、犯行を自供したあと、精神鑑定の結果で心神喪失状態での犯行ってことで不起訴処分。法廷には立たずに精神病院に収容され、1984年に帰国。しばらく精神病院に居た後、カルト・セレブになって現在公団で1人暮らし。58歳。1949年生まれの人の幼少時代の映像があれだけ残ってるってことは、めっちゃ金持ちのボンボンさんやったんやね。

番組の中で、これほどの凶悪事件を起こし、尚且つ、精神異常との判定が出てる人に対して、日本政府・警察が何も追跡活動をしてないことに対する疑問があった。(少なくとも、番組内で描かれてた)現在の佐川氏も、もっかい似た様な事件を起こしてもおかしないやろ、って思わせる感じがあった。

なんやろ?自分がやったこととその意味に対して、自分の内面における認識(動機・感情の移行・結果などについての感想etc)については、しっかり喋れてはんのに、事後のことになると親がどうしたああしたって話しながら目線が下がって。生活の中で自分がとる行動の周囲に対する影響とか、そういうことを傍観はできても生身で感じれへんとか、そんな感じなんやろうか?

性犯罪者のデータベース公開が議論されてるくらいの現在では、カンニバルの当人が諸々の監視から自由っていうのは吃驚する。そういうのがなかった時代やった、時代が違った、とも云えるとは思うけど、むしろ、単純に、お金があったから、っていうだけな気もする。それなら納得。そんなもんかも、って。

全然無関係な気もするけど。

番組の構成っていうか、佐川氏のインタビューの撮り方が、昔、2000年ごろ?にチャンネル4(かな?)であった日本特集番組に出てた舞妓遊びをするダンナさんとかと一緒やった。イギリス的手法って言われたらそれまでやけど、ある意味、日本(&その他オリエンタルでミステリアスな国の人たち)の、それもちょっと性的な意味合いが入るモノはこういう風に描くっていう、一定の雛形があるんかな?って気もちょっとだけする。制作会社、もしくは、スタッフが一緒とか、その程度のことかもしれへんけどね。

今年3月に、イギリス人英会話講師リンゼイ・アン・ホーカー氏が殺害された事件について、市橋達也容疑者を、"欧米人女性に妄想をいだく「薄気味悪い」日本人男性の典型"として、人種差別的に描くイギリスメディアの一部に対する批判は、それ自体には同意するけど、佐川氏のことがあるんかも、って、想像はつく。一括りにしたらあかんっていうても、パリ人肉事件を覚えてる記者にとっては、重なった犯人像が出てきてもしゃーないんやろうね。

こんなん見たまま寝るんは気分悪いってことで、日本から送ってもらった水野キングダムを見ながら寝た。こういう、何も考えずに見れる番組はほんま幸せ。。。

ところで、あそこに座ってるキング水野16世の役割って何???

参考:

佐川一政(wikipedia)

McNeill, David, 19th September 2007, Tales From hte Far Side:本当の日本を伝えたい, Newsweek Japan 22(35), Japan: Newsweek Inc., p46-47. (Availbale from /~\Fujisan.co.jp)

チャンネル5

チャンネル4

水野キングダム(DVD)
出演:リットン調査団・水野、山崎邦正、千原ジュニア、ケンドーコバヤシ、その他色々
発行:吉本興業/2007年9月21日
★★★★★

YUKI
スポンサーサイト
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.11.13 Tue l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲

海外情報 l イギリス l  英国生活 l このエントリーを含むはてなブックマーク

前々から、話はあったけど、ついに…
英国:入国ビザに指紋採取義務付け(毎日新聞)

何が問題っていうわけでもないけど、指紋を取られるとか、なんか嫌やわ。
ここ数カ月の間に、何回か'身元確認'をされてるけど、
それがあるって事前にわかってても気分悪いもんやねんで。
さらに、指紋取られるって…!

新しく入国する人だけが対象なんやろうかね?
学生ビザ延長関係のサイトを見ても、そんな話は出てないみたいやし、
延長フォームを読んでも書いてあらへん。

前までは合法滞在10年でレジデント・ビザを申請できたのに、
それも14年にまで延長されたっていうし。。。

色々、やりにくくなってくるなぁ…

YUKI
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.11.06 Tue l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲

グルメ l 美味しかった♪ l  英国生活 l このエントリーを含むはてなブックマーク

友達とランチをするのに、久しぶりにケバブ・レストランへ行くことにしました。
レストランの方が座ってゆっくりできるし、野菜とか色々出してくれるので、持ち帰りよりも好き。
ナンを焼く石釜があるっていうので、地下鉄Manor House駅近くまで行って来ました。

メニューを見たら、前に行ったことのあるケバブ・レストランとは、ちょっとちゃう感じ。「あれ?」って思って色々質問してたら、サーヴをしてくれてたお姉さんが、「わかった。うちにまかせなさい。美味しいの、いっぱい持ってきたげるから!」って言うので、お任せにしました。

・ケバブ盛り合わせ
・チキンのハーブとクリーム煮込み&ご飯
・煮込み豆
・サラダ
・野菜スティックのサラダ付
・でっかいナンが2枚
・ヨーグルト・ソース

お姉さん、出しすぎです。
2人で行ったのに4人前分ぐらいあった。
でも、めっちゃ美味かった。
「あれ?」って思った理由は、そこがクルドのケバブ・レストランやったからでした。

こういうお店に行ったら、野菜とかお肉に、よく赤いものがかかってて、前から気になってました。ほんま、'ゆかり'みたいなんで、それとアップル・ビネガーだけとかでめっちゃ美味しいのが不思議。
「これ何?どこで買えんの?」と訊くうちに、お姉さん、わざわざ厨房から、持ち帰り用の箱に入れた'それ'を持ってきてくれました。めっちゃやさしい!

他のクルド人の知り合いもそうやけど、彼らは、ほんま、'Give & Give'なんやね。。。

YUKI
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.10.27 Sat l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲
とある地域で、ついさっき(午後7時前くらい)から、爆弾捜査が始まったそうな。
BBCとかを見ても、さすがに何も載ってないけど…。

それにしても、確かに金持ち地域ではあるけど、
場所的にも時間的にも、爆弾を仕掛けて何か得があるような感じじゃないんやけど。

あ、そこで誰かが爆弾を作ってたとか?
そういうことなんやろかね?

【追記】同日午後10時過ぎ

爆弾騒ぎ、何でもなかったようです。
地区の一部が、数時間ほど封鎖されてたみたいやけど、
表立った騒ぎにはならへんかったんかな?

何やったんやろ…???

YUKI

LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.07.28 Sat l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲
最近、空港での荷物チェックが、異様に厳しいです。
液体に関しての規制とか、そろそろ緩まるかな?ってときに、
テロ未遂事件とかが起こって、未だに厳しいまんまです。

でも、オランダからの帰り、スキポール空港(Schiphol Airport)では、
その荷物チェックが、なかなか現れへんのです。
水を買うタイミングを考えなあかんから、さっさと荷物チェックを済ましたいんやけど、
チェックイン・カウンターの辺りにも、パスポート・コントロールを抜けても、
荷物チェックが、どこにもあらへん。
(ヒースロー空港(Heathrow Airport)では、出国ゲート・エリアに入る、パスポート・コントロールの手前と、出国ゲートにある)

おかしいと思いつつ、この先はもう水を売ってないかもってことで、
出国ゲートの数百メートル手前で、水を購入しました。

そしたら、出国ゲートに隣接した荷物チェック・ポイントがあって、
せっかくの水があっさり没収。まだ、さらやったのに!

そのうえ、そっから機内販売の水までは、どっこにも水、売ってへんし!
フライトが遅れて、出発ゲートで30分ほど待たされたし!
水なしで!!!
しゃーないから、喋んの控えて、新聞読んだったわ…。

飛行機に乗るとき、水がないとほんまに困るのは、離陸の瞬間。
すぐに、耳がポーンてなるんです。
おかんも、その妹さんも、耳が弱いから、遺伝なんかな?

案の定、離陸のときから耳がおかしく鳴り出して、
寝不足解消のために、頑張って目を瞑ってる間に
機内販売かなんかに来た気配はあったけど、
むかつくから、無視無視。

そしたら、ヒースローについて水を飲んでからも、耳が戻らず…
ちょっと、真面目に焦りました。

一晩、寝たら治りました。良かったよ~~~。

にしても、スキポールのあれは、狡過ぎる!!!
ヒースローでも、飲み物を没収して、全員に空港内で飲み物を買わすっていうのは
あこぎやな~と思ってたけど、スキポールはその比やないです。
せめて、ゲート内に水飲み場か、自販機くらい置いといてよ!

ヒースローでの入国審査が簡素化されてて嬉しかっただけに、
スキポールでのことが余計に腹立つ。
ヒースローの入国審査では、EUパスポート用の列とそれ以外の列があって、
後者の方に並ばなあかんうちは、いつも、えっらい長い時間待たされるんやけど、
今回は、新たに英国ビザ所持者用の列が作られてて、
そんなに並ぶこともなく、あっさり再入国できました。

オランダ、楽しかったのに、スキポールは嫌いやわ。


YUKI
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.07.26 Thu l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲
オランダ4日目の朝、ごはんのお米が立ってました。
めっちゃ幸せや~。
ほんま、「太」の文字を忘れると決めた瞬間やったわ。

急遽決まったこととかがあってバタバタしたものの、
1時間ほど空きができたので、アンネ・フランクの家を見たいなぁ、と。

荷物と一緒にだらだら歩いて、見つけた!って思ったら、長蛇の列!
なんで、みんな、ここ来んねん (-゛-メ)

並ぶだけで数時間かかりそうやったんで、見学は断念して、
外側だけをほぇ~っと眺めて来ました。
なんか、悔しいぞぉー ~(-゛-;)~

昼食はデン・ハーグのオープンカフェで。
なんと、メニューにかえるが居ります。
かえるって、オランダではポピュラーな食べ物なんやろうか?
よくわからへんけど、なんせ、かえるを食べたことがなかったので、
とりあえず、それ!って決めてオーダー。

かえる、美味しいね~。
よく、鶏に似た味って聞いてたけど、
鶏っていうよりも蟹に似た甘さがあって、
食べてる感じは鱈にも似てました。
でも、ソースがね…
ホワイトソースは、やっぱ苦手かも。味が濃すぎるわ。

その夜、スキポール空港(Schiphol Airport)からロンドンへ。
スキポールで見つけたラーメンの誘惑にも、負けました。
でも、美味しいラーメンを食べれて幸せ~~~。

楽しいことばっかやったしかもしれへんけど、
オランダ、良い国です。
また、遊びに行きたいです。

今度は、ドイツの方とかまで、周遊で行きたいなぁ…。


YUKI

LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.07.25 Wed l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲
朝食のときに、前日のご夫婦とまた隣同士になりまして。
キューピーのマヨネーズを貰えることに!
あまってるものやし、荷物を軽くしたいから、とのことでしたが、
イギリスで貴重なキューピーマヨです。有り難いです、ほんまに<(__)>
(や、日系食品店へ行けば、すぐに買えるもんですけどね。
高額購入を考えるほどの好物ではないんよね…)

フロントに預けてあったキューピーを無事に頂いたものの、彼らの連絡先を知らず…
お礼が云えへん…。失敗したわ (--;;;

この日は、移動もうまくいって良かったです。
車での移動中、お金持ちのご隠居が集まるという、森林高級住宅地を通り抜けました。
こう、幹の高い樹がいっぱい集まってるとこは、ほんまに久しぶりで、
妙な懐かしさを感じました。昔の登山を思い出す感じでした。

ってか、さすがというか、なんというか、
国をあげての禁煙ブームが来てないオランダ。
迎えに来てくれたおっちゃん、どこでも葉巻を吸ってました。
ほんまに、どこでも。
で、それに違和感がないのよね。周りのみんなもそんなんやしねw

遅めの昼食(っていうか、ほぼ夕食の時間やったけど)は、
オランダ名物パンケーキ。
甘いのはちょ~っと苦手なんで…、って言うたら、
具沢山パンケーキを勧められました。
トマトとネギと山羊チーズのパンケーキ。
お好み焼きとか、チヂミとか、そんな感じのパンケーキ。
めっちゃ美味しかったです。
結構なボリュームでしたが、完食しました。

でも、その数時間後。
「安い・美味い」の煽り文句に負けて、串焼き屋さんにも行ってしまった…
美味しかったです。

パンケーキを完食するうちを見て、「太るぞ~」ってちゃかされたけど、
冗談で済まへんかも。
太んのは、簡単なんよねぇ。。。
だって、色々、美味しいんよねぇ。。。o( _ _ )o


YUKI

LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.07.24 Tue l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲
オランダ2日目。
頑張って早起き。

朝食の席の隣に、ご夫婦でヨーロッパを周ってるというカップルが。
いくつぐらいやろ?60代?退職後やって言うてはったし。

いくら時間があるっていうても、夫婦2人だけで4週間も一緒に旅行ができるのはすごいです。
それも、ツアーのパック旅行やなくて、全部自分で手配しての旅行やって!
どんな夫婦やろ?って、マジマジと眺めてしまったわ。すいません<(__)>

アムス郊外への移動のとき、電車の乗り継ぎはちゃんとできたはずやのに、
なぜか、電車が元の駅へ戻って行く…

なんかね、えらい長いこと停車してた大きな駅があって、
嫌ぁ~な感じはしてたんよね。
おっちゃんが何か、アナウンスしてはったし。
でも、オランダ語はわからへん。ハグハグ言うてるのしか、わからへんねんて!

1時間ほど遅刻して、到着。
辿り着けて、ほんま、良かったです。
なんとなく、昔の吹田(大阪)を感じる可愛らしい町並みでした。

そこで出遭ったおっちゃんは、元船乗りさんやったそうで。
古い地図なんかを見せてもらったんやけど、地図って、ほんまに面白いのね。

オランダが日本へ行きだした江戸時代ごろの地図なんやけど、
九州側から日本を見てるせいか、日本列島の南がえらい膨らんでて、
そんかし、北海道がめっちゃちっちゃい!
でも、およその形(各島のアウトライン)なんかは、結構正確なんよね。
間宮林造が歩いて日本列島を測るよりも前の時代(やと思う)に、
航空写真が撮れるわけでもないのに、あんだけの地図が書けたっていうのは、ちょっとした感動です。

船乗りおっちゃんの勢いは止まらず。
港に泊まってた、英蘭間を行き来する巨大フェリーを見に、連れて行ってくれました。

海を渡るということが皆無な生活なので、
フェリーを見ることじたい、うちにとっては稀なことです。
そのフェリーがでかすぎて、ちょっと引きました。
ダンス・ホールから何から完備されたホテル・フェリーとでも言うの?
そんな感じでした。

その後、おっちゃんの車ごと船(みたいなの)に乗って対岸まで渡ったんですが。
たかだか10分ほどやったかもしれへんけど、うちに船はあかん。
すぐに酔うてしまいます ε=( ̄。 ̄;)

アムスに戻ると、ちょーっとだけ時間があるので、
観光!って思ったけど、なんせ雨。
観光は断念して、食い気に走りました。
Rが付かない7月やけど、蒸し牡蠣がめっちゃ美味でした。



YUKI

LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.07.23 Mon l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲
8年以上イギリスに住んでいて、大陸へ行ったことがありません。
これを言うと、ほんま、誰にでもびっくりされるんやけど、
機会がなかったんやからしゃーないやんか!(←単なる出不精なだけ)

そんなうちが、オランダに行くことになりまして。
フライトの前日、さすがに合宿前の保育園児みたいにテンション上がってました。

7月22日(日)午後:
アムステルダムのスキポール空港(Schiphol Airport)到着

とりあえず一服~~~と、外へ出たら、
Vodafoneのでっかい看板がどーん!
その他近代的建物群諸々。
……………。
………。
…ロンドンと、あんまし変わらんやん。

まぁ、こんなもんかねぇ~などと思いつつ、電車とトラム(路面電車)で移動。
町並みはともかく、ベランダの多い建物や、窓の感じを見ると、
やっぱり「オランダ!」って感じました。

ってか、オランダの交通機関って、安いのね!
オランダ中の公共交通機関(バス・電車・トラム)を乗り回しても、
2人x2日間で、約70ユーロ弱(=¥11,000ほど)。
1人1日¥2,750ほどでどこまでも行けるなんて!

バス乗車1回が約¥480、地下鉄初乗りが約¥960のお国に住む者として、かーなーりの感動でした。ってか、イギリス交通料金、改めて円換算したらありえへんほど高いな ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

公共交通網が発達してるところは良いですね。
初心者おのぼりのうちでも、確実に目的地に着けました。
ってか、同行の方が、乗り継ぎも何もかもを全部調べてくれてはったからなんですが。
有り難いです。足を向けては寝られません。方角的にないです。どのみち。

ホテルへのチェック・イン後は、市街観光。
このときが唯一の自由時間になってしまう可能性があったので、
午後9時という遅い時間にもかかわらず、ダム広場周辺を歩き回りました。
時間は遅いけど、明るいしね。
マリファナの甘~いにおいにやられながら有名な飾り窓を冷やかして、ぶらぶらと…。

なぜか、アルゼンチン系の焼肉屋さんが目立ちます。
なんでアムスでアルゼンチン???
絵を見ると牛っていうよりも、水牛っぽい。
次の日の朝が早いことを考えて、夕食は、胃に凭れそうな肉を避けましたが、
ちょっと後悔やわ。



トラムが発達してるところは、車が少ないってことなんやろうね。
アムステルダムが小さいっていうのもあるかもしれへんけど、
首都の割りに空気が綺麗なんやと思いました。
結構歩き回ったのに、夜、部屋で鼻をかんでも黒くないのよ。びっくりよ。


*外貨換算レート



YUKI

LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.07.22 Sun l  英国生活 l COM(0) TB(0) l top ▲
健康に関する情報を発信するジャパンヘルスフォーラムが、日本のOLさんたちのランチ事情に関しての調査をしました。

理想は手作り、現実コンビニ OLランチ、平均513円(朝日)

理想と現実のギャップはね…
しゃーないです。みんな忙しいんやもん。

問題はここよ!↓

 普段の昼食の値段は500円台が30%と最も多く、平均は513円。43%は1000円以上になると「ぜいたくと感じる」と答えた。



ロンドンでは、ちょとその辺のショップでサンドイッチとコーヒーを買って帰るだけで、£5なんか余裕で超えます。

今日はちょっと贅沢に~♪ってポッシュなことするときは、£20台のランチセットとか。

うち、勤労苦学生のはずやのに。
これやと、めっちゃ贅沢三昧してるみたいやんか…∑( ̄[] ̄;)



現在、£1=¥247.98(Yahoo Finance)

ポンドが異常なんよ。。。

今年に入ってからのイギリスは、異様な金利上昇が続いてます。
まだ7月やのに、もう、5回もやってやります。
現在5.75%。今年中に6%になってもおかしくないんやろうね。
(参考:European interest rates on the rise|FT

日本のバブル崩壊直前と似たような状況も見られます。

いろんな意味で怖いなぁ…。

YUKI

LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.07.15 Sun l  英国生活 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。