上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

学問・文化・芸術 l 研究者の生活 l  読書ログ l このエントリーを含むはてなブックマーク

THE COSMOPOLITANIZATION OF NEWS
著:Terhi Rantanen
ジャーナル:Journalism Studies(Volume 8, Issue 6)
発行:Routledge/2007年
★☆☆☆☆

ヨーロッパの国際報道(機関)の発展の歴史を、報道ハブとして発展し、後に国際都市となっていく街を中心に見る、と。

国際報道は勝手に始まったものやなくて、軍隊や経済っていう、国家の興味と連動してるし、それ以外の部分で成長していけるわけはない。電話の時代だろうが、今のインターネットだろうが、それは変わらへん。
…ちょっと違う気もするけど、まぁ、基本はそうか、とは思う。

'Western Journalism'なるものがあるんか?ってことに関係があるかもと思って読んでみたけど、それほどでもなかったかも。

あ、でも、そうか。
'ジャーナリズム'が国家戦略から独立できるかっていうたらそうでもないから、それを見るときに、'街'の役割も見なあかんぞ、ってことか。。。

Rantanen, Terhi, 2007, 'THE COSMOPOLITANIZATION OF NEWS', Journalism Studies 8(6), UK: Routledge, p843-861. (Available from http://dx.doi.org/10.1080/14616700701556765. Last accessed on 9th Nov. 2007.)

YUKI
スポンサーサイト
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.11.10 Sat l  読書ログ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://medianook.blog113.fc2.com/tb.php/20-e805c904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。