上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

学問・文化・芸術 l 研究者の生活 l  見聞録 l このエントリーを含むはてなブックマーク

朝からケンブリッジまで行って来た。
さすがに日帰りはキツイな~って思ってたら、普段、大学へ行くのと変らへんくらいの移動時間しかあらへんかった。うちの大学、どんだけ田舎にあんねんよ。ちょっと凹むわ…。

コンフェレンス:
Broadcasting in 'their ' language: Middle Eastern and Western TV networks and their audiences
参加者:Mr Hosam El-Sokary of the BBC Arabic Service; Ms Hala Kodamani of France 24; Mr Dirk Beusch of Deutsche Welle | DW-TV; Mr Sami Zeidan of Al-Jazeera English; Mr Majid Khabazan, Dr Rebecca Masterton and Ms Yvonne Ridley of Iran Press TV; Mr Yonatan Mendel, PhD student, at the Faculty of Asian and Middle Eastern Studies, University of Cambridge; Prof Yasir Suleiman of the University of Cambridge ; Dr Khaled Hroub of CAMP, University of Cambridge; Dr Makram Khoury-Machool; Dr Tarik Sabry of the University of Westminster and Dr Naomi Sakr of the University of Westminster.

面白かったです。
イランのPress TVと、フランスのFrance 24の話が特に。

ここ20年近くの間、外部を入れずに来たイランに対する不信感を払拭するために作られたPress TV。ロンドンにあるプロダクションは、イラン政府からは独立したプライベート・カンパニーだそうで、そこが全体の約5割(報道の2割)を製作してる。ってことで、イラン政府のプロパガンダではない!ってことを強調してはりました。それよりも、みんなにイランを良く知ってもらうための番組作りになってる、と。

France 24は、国際的な出来事に対する'フランスの立場・見方・考え方'を伝えるために作られた、と。だから、フランス国内での出来事ではなく、国際舞台においてフランスが関わってることを報道する、と。こう聞くと、それこそ、フランス政府のプロパガンダ放送局に聞こえるんやけど、France 24を政治的プロパガンダとして批判する話は、聞かへんね。

なんていうか、'プロパガンダ'と'プロモーション'って、紙一重というか表裏一体というか、捉え方の違いってだけで、モノは同じってことなんやろうね。

日本も、JSTVとはまた別の、英語での衛星放送を始めるっていう話が数年前に出てたけど、どうなってんのやろ?どうなるんやろ???

'their language'のうちの1つ、アラビア語放送をする欧州メディア(BBC、Deutsche Welle、France 24)っていう話の辺は、その必要性(マーケット・ニーズ)があるってことを強調してはったけど、なーんとなくね、白人というか西側のおせっかい親切心を感じる。それ+お金としてのマーケット・ニーズ。なんか、好きになれへんわ。。。

YUKI
スポンサーサイト
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2007.11.03 Sat l  見聞録 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://medianook.blog113.fc2.com/tb.php/22-5a0ff8a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。