上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

ニュース l 気になるニュース l 日々雑記 l このエントリーを含むはてなブックマーク

http://www.asahi.com/international/update/1104/TKY200811040278.html
↑の記事によると、今回の米大統領選の投票選択基準において、
現行政権による政策(ブッシュ政権がやってきたこと)の結果を問うものは、
特に、9・11関連だけで見たら、14%しかないんですね。
っつーか、当面の経済問題以外では正味24%やって。

今回の金融危機っていうのは、経済危機っていうたところで、今のところは、
証券とか株式を持ってる人ら・企業の資産価値評価が下がった、
+目の前の現金云々が~っていう程度のことよね。
うちら庶民にとっての当面の問題は、
資産経済の危機が実体経済にどれだけの影響があるか、っていうあたりであって、
手元にないものが1円上がろうが下がろうが、生活に直結してなければどーでもいい
(庶民でも証券・株式取得が増えてきてたから、その辺の問題はあるにしても。)

ってことは、今回の金融危機のおかげで、アメリカ国家は、
ある意味、直近の経済危機以外の色んな面での失策が
カモフラージュされてしまってる感がありません?
ってことは、今の「金融危機」じたい、誰かがしかけたことかも、っていうのは穿ちすぎ?
。。。な~んか、金融危機による「損は知れてる」っていう奴が居そうやないですか?
ってか、「金融危機」って、仕掛けられるものなんでしょうか???

なんにせよ、所謂「対テロ」関連の問題は、不問にされたまま粛々と進んでいきそうですねぇ。。。

YUKI
スポンサーサイト
LINKED l このエントリーを含むはてなブックマーク

2008.11.04 Tue l 日々雑記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://medianook.blog113.fc2.com/tb.php/28-5e2a2672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。